歯医者

口臭トラブルを改善

治療室

口臭というのはどうしてするのでしょうか。原因は様々な理由が考えられます。ほとんどの原因は口内に存在しています。さらに、その中で一番に考えられることは歯周病です。口内に汚れが長時間放置されていることで、汚れが腐敗して悪臭を発生させます。また、歯肉が炎症を起こし、底からも臭いを発生させることとなります。あとは、舌の表面に付着している舌苔が原因となっていることがあります。口内のケアを怠っていることで舌苔が蓄積してきます。その他にも、内臓の調子が悪かったり、口の渇き、緊張、ホルモンバランスの乱れ、臭いが強い食べ物、飲酒などによっても臭いが発生します。原因の種類によって、どのような口臭予防をするか違ってきます。どうしても気になるということであれば、歯医者に行って相談するのもよいでしょう。最近では、口臭外来といって、口臭を専門的に診断してくれる歯医者も存在します。

口臭予防や治療法について紹介します。口臭というのは、誰にでも存在します。しかし、その臭いが相手に不快感を与えるようになると問題となってきます。普段から予防するには、口内が渇かないようにこまめに水分補給をする。ストレスを感じないようにする。こまめに歯磨きをする。口臭予防効果のある食べ物を食べる。(りんご、緑茶、柿、ヨーグルト、レモン、梅干し)といった方法があります。最近デャ口臭予防ケアグッズも多く販売していますので、持ち歩くようにすると安心です。ただ、これらの効果というのは一時的なものなので、常に気をつける必要があります。もしも、口臭が気になり歯医者で治療をしてほしいということであれば、一度相談をしてみるとよいでしょう。

Copyright ©2016 歯医者で口内トラブルは改善できる〜歯の取り扱い説明書〜 All Rights Reserved.